トップ / 貧血と体臭を改善する食生活

貧血と体臭の関係について

貧血と体臭を改善する食生活

貧血による体臭を改善する食生活

貧血と体臭には関係が無いように思うかもしれませんが、酸素を運ぶヘモグロビンという物質の欠乏が貧血状態、その状態が続くと体内に乳酸とアンモニアが発生し、それが汗として、さらに皮膚上の常在菌と合わさって体臭となることが分かりました。
貧血状態はベトベトの汗を出させ、それが鉄分の不足を招き、さらに貧血になるという循環になるわけです。

ですから貧血を改善できれば、それが原因の体臭も改善できるようになるのです。ふさわしい食習慣で貧血の症状はある程度改善できます。ですから貧血で体臭が気になるという人は食習慣を見直してみましょう。では貧血と体臭を改善するために役立つ食習慣とはどのようなものなのでしょうか?

鉄分を摂取する。女性の多くが鉄欠乏症貧血になりやすいと言われています。生理や食習慣のバランスの乱れがその原因です。ですから鉄分の多く含まれる食材、ヒジキ、レバー、プルーンなどを意識して摂取できます。
鉄分を体に吸収するとき助けてくれる働きをするのがビタミンCです。柑橘類から摂取できます。
反対にタンニンは鉄分の吸収を妨げます。タンニンを含む緑茶、烏龍茶、コーヒーなどは鉄分を吸収した後しばらくは避けることができます。

ビタミンB12は赤血球を作る働きがあります。貝類、レバーなどに含まれていますのでこれらも意識して摂取しましょう。

人間にはエネルギーのもととなる「タンパク質」「糖質」「脂質」という3大栄養素、さらに体調を整える助けがある「ビタミン」「ミネラル」の2つを加えた5大栄養素が必須です。
ビタミン、ミネラルの中に含まれるカルシウム、そしてエネルギーのもとになる3大栄養素、これら血液の基になるもの、鉄分の吸収を助けるものをしっかり毎日3回の食事の中でしっかり摂取できるよう心がけましょう。

Copyright © 体臭と貧血の関係とは. All rights reserved.